キャッシングに必要な借り入れ審査のあれこれ

キャッシングを利用するさいには審査を受ける必要がありますが、
審査には仮審査と本審査があります。

審査

 

仮審査は文字通り、仮であり審査に通ったことを約束するものではありません。
最終的に本審査を行って融資の有無が決定されます。

 

仮審査と本審査の違いとしては、仮審査では入力された情報を見て審査するものになります。

 

仮審査に通ることで在籍確認などの本審査が行なわれることになります。
仮審査と本審査の時間としては仮審査はパソコンからデータを入力した場合には、数秒で結果が表示されます。

 

仮審査の審査通過率は非常に高いものですが、実際には本審査で審査に落ちる人が多く居ます。

 

特に本審査ではもっともネックとなる在籍確認が行われるためです。

 

本審査で行われる「在籍確認」について

通勤

在籍確認は勤務先に電話などをして実際に勤務しているかどうかを確認するというものです。

 

在籍確認を省略してくれるところもありますが、
原則として在籍確認ができなければ審査に通ることができません。

 

また本審査では身分証明や所得証明などの必要書類の審査も行なわれます。

 

これらに不備があれば審査に落ちる可能性があります。
なお、審査通過率に関しては、さまざまですが、大手消費者金融の場合には50%以下となっています。

 

なお審査通過率は、低いところでは40%を切るところもありますし、
高いところでは50%近い数字もあり業者によって異なります。

 

このため仮審査に通ったからといって本審査に通る確率は半分程度と見ておくのが無難です。