なんでキャッシングには在籍確認が必要なの?

貸金業法では、お金を貸すときに在籍確認をしなければならないという決まりはありません。
しかし、金融機関は、お金を貸すときには必ず在籍確認を行ないます。これはなぜでしょうか?

 

金融機関はお金を貸すとき、返済リスクというものを計算します。
返済リスク

 

「借りたお金は返す」のが常識ですが、利用者が返済不能に陥ってしまった場合、
ないものを取ることはできません。お金のない人にお金を貸してしまったら、回収できない可能性が高いからです。

 

大金を貸した人が自己破産などをしてしまうと、
合法的に借金を踏み倒されてしまい、金融機関は大損をします。

 

そのため、審査の時に、申込者に安定した収入があるかどうかなどを確認して、
返済リスクの高い人には貸さないようにしているのです。

 

総量規制の観点から確認される!

決まり

また、貸金業法では総量規制という制限があるので、
貸金業者は必ず申込者の収入を確認しなければなりません。これも理由の1つです。

 

安定した収入があることの確認以外に、信用情報機関への情報照会も行ないます。

 

信用情報機関には、申込者が何社からいくらの借金をしているかや、
過去に金融事故を起こしていないかなどが記録されています。

 

安定した収入があっても、借金がたくさんあったり、
過去に事故を起こしている人は返済リスクが高いと判断します。

 

金融機関はだいたい2つか3つの信用情報機関に加盟しています。

 

闇金はどうなの?

闇金は、貸金業法を守っておらず、法律上金融業者として認められていません。
闇金でお金を借りるときも職場への在籍確認が行なわれますが、これは別の意味も含まれています。

 

返済で延滞でもしようものなら、職場への嫌がらせの電話も遠慮なしにかけてきます。

 

闇金には絶対に関わらないようにしましょう。