キャッシングに必要な在籍確認の方法

消費者金融でのキャッシングローンや銀行カードローンを利用するにあたり、
一番気をつけなければならないのは在籍確認の取り方です。

 

在籍確認は、その人が本当に会社に在籍しているのか、
はたまた自宅にいるのかを確認するために行われ、いざ借りるとなった時に、
会社にバレるのではないかと誰しもが不安に感じます。

 

在籍確認の手順について

まず消費者金融などから会社へ電話がかかってきます。

オペレーター

 

その時、消費者金融の名前を出して、
「○○さんいますか」といったことはなく、担当者の個人名を出す程度しかしません。

 

これは、第三者に契約の事実を伝えてはいけないということが法律で決まっているからです。
銀行カードローンを利用する際でも同様です。

 

一方、在籍確認をする時間がいつ来るか分かれば自分でその電話をとることができます。

 

自分がいない時に電話がかかってくるのはやはり不安です。
かかってきてほしい時間にかけてもらう、いわゆる時間を指定をして電話してもらうことは、
どこの消費者金融でも銀行カードローンでもできます。
時間指定

 

例えば、この時間にしてほしいとか、あの時間だけはやめてほしいなど様々あります。

 

時間指定に失敗したとしても、本人が出られず、
外出中や会議中であったにしても、その人が会社にいることがわかればいいので特に問題はありません。

 

ですので、時間指定にこだわる必要はありませんが、多くの人は時間指定をします。

 

それでも電話をかけてほしくないという人はいます。
その場合は給与明細などの添付が求められ、限度額も当面は低く設定されてしまい、
数ヶ月間様子見という判断が下された状態でのキャッシングとなります。