アイフルって在籍確認の電話なしにしてくれます。

ブラックリスト入りしてるかもしれない人たちが気になる信用情報について。

気になる人

過去に金融事故を起こしてしまったことのある人にとっては、
自分の信用情報がどうなっているか気になることでしょう。

 

俗にいう「ブラックリスト」に載ってしまうと
新規でキャッシングやローンが組めなくなると噂に聞く通り審査落ちの確率は高くなります。

 

でも本当は信用機関にブラックリストというものは存在しておらず、
個人の信用情報に延滞したことや自己破産や、債務整理などの情報が記載されるんです。

 

どうして個人情報が信用情報機関に登録されているのか?

いつの間に

自ら信用情報機関に登録をした記憶はないのに、どうして不利になる情報が
勝手に信用情報機関に登録されているのでしょうか。

 

これ、自分が登録しなくても
消費者金融や銀行カードローン、クレジットカード会社との契約時、
スマホを分割払いで購入したときに自動的に登録されているんです。

 

いずれの契約書にも信用情報機関への情報共有について書かれているようです。

 

どんなときに自分にとって不利な情報が記載されるのか

困惑

信用情報に記載されて欲しくない情報はどんなときに載るのかというと、

  • 返済の延滞
  • 自己破産
  • 債務整理

などの、金融事故をおこしてしまったときです。

 

一度信用情報に記載されてしまうと一定期間情報は保有されるので
その間にキャッシングの審査を申し込んでも審査落ちする可能性は大きいです。

 

情報が管理される期間は5年ほどとされています。

 

審査に通りたいから情報の削除をして欲しいというお願いをしても
事故情報が事実である以上、その情報を消すことはできません。
消せない過去

 

5年間おとなしくしておくしかありません。

 

決まった期日までに返済しなければならない理由を分かってもらえましたか?

不利な情報が記載されてしまうことを『信用情報に傷がつく』といいますが、
信用情報に傷がつくとまずいことをよく分かってもらえましたか?

 

信用情報に傷がついている期間は
安心して借りられる金融機関からの新規融資は望めないかもしれません。
信用情報に傷

 

つまりその機関は闇金のような常識的には使いたくないとこを利用するほかなくなるわけです。
これはもう三途の川を渡るようなもの。

 

もし自分の信用情報に傷がついてしまったとしても、闇金だけには手を出さないでください。

 

さっきもいったように5年間はおとなしく真面目に倹約な生活を送って
人生やり直す気持ちで過ごしてください。

 

一旦闇金の地獄にハマるとなかなか抜け出せないです。
5年どころの騒ぎじゃなくなるかもしれません。

 

まずあなたが出来ることは信用情報に傷がつかないように決まりを守ることです。

 

トップページに戻る〜アイフルの在籍確認についてまとめてみた〜